汚名

講談社文庫
オメイ
  • 電子あり
汚名
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

徳川家康に信頼され重用されて、幕府草創期に辣腕を振った能吏・本多上野介正純(こうずけのすけまさずみ)。二代秀忠の世になり、「宇都宮釣り天井事件」の嫌疑で失脚、奥州に無惨な幽閉の身となる。権力の非情と冷酷、汚名に甘んじる自己犠牲。一切を黙して配所に赴く正純の潔い人間像を、陰密の目を通して骨太に描き出す、傑作歴史長編。権力の冷酷非情に甘んじる、自己犠牲の武士道!

製品情報

製品名 汚名
著者名 著:杉本 苑子
発売日 1995年09月06日
価格 定価 : 本体583円(税別)
ISBN 978-4-06-263055-9
判型 A6
ページ数 362ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1992年4月に毎日新聞社から刊行。

オンライン書店で見る