しぐれ茶屋おりく

シグレヂャヤオリク
  • 電子あり
しぐれ茶屋おりく
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

隅田川沿いの芦の湿原の中に建つ「しぐれ茶屋」。蛤(はまぐり)の茶漬けを求めて、伊藤博文をはじめ、政治家・実業家・芸人らが通ったという。実在のモデルの女将おりくは殊の外、芸人を可愛がった。円熟した筆使いにのせ、明治末期から大正にかけての庶民の哀歓を、このひとでなければといわれるほど、見事に織りなし、市井に花咲く人情の世界を流麗に綴る、川口文学の代表作。吉川英治文学賞受賞。

製品情報

製品名 しぐれ茶屋おりく
著者名 著:川口 松太郎 解説:高橋 千劔破
発売日 1997年11月20日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-262099-4
判型 A6
ページ数 410ページ

オンライン書店で見る