源氏物語<新装版> 巻七

ゲンジモノガタリシンソウバン
源氏物語<新装版> 巻七
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

最愛の女(ひと)を失った源氏が迎える人生の終幕。
瀬戸内寂聴の名訳で贈る大ヒット話題作 待望の新装版、巻七刊行

不義の子を産んだ女三の宮が出家し柏木は病死。夕霧は柏木の未亡人・女二の宮への恋に迷う。最愛の紫の上に先立たれた光源氏は悲嘆の末、ついに出家を決意する。光源氏亡き後、出生の秘密に悩む女三の宮の子・薫と明石の中宮の子・匂宮を中心に、新たな物語が始まる。

目次

  • 柏木(かしわぎ)
  • 横笛(よこぶえ)
  • 鈴虫(すずむし)
  • 夕霧(ゆうぎり)
  • 御法(みのり)
  • 幻(まぼろし)
  • 雲隠(くもがくれ)
  • 匂宮(におうのみや)
  • 紅梅(こうばい)

製品情報

製品名 源氏物語<新装版> 巻七
著者名 著:瀬戸内 寂聴
発売日 2002年03月05日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-261457-3
判型 四六
ページ数 344ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス