源氏物語<新装版> 巻二

ゲンジモノガタリシンソウバン
源氏物語<新装版> 巻二
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

若き光源氏の恋の遍歴、愛のドラマ。
瀬戸内寂聴の名訳で贈る大ヒット話題作 待望の新装版、巻二刊行

最愛の女(ひと)藤壺の宮への許されぬ恋と不倫の皇子の誕生、年上の愛人・六条の御息所の生霊による正妻葵の上の死、兄朱雀帝が寵愛する朧月夜との危険な情事とその露見、若紫との新枕など、息もつがせぬドラマが展開する源氏18歳から25歳までを描く。

目次

  • 末摘花(すえつむはな)
  • 紅葉賀(もみじのが)
  • 花宴(はなのえん)
  • 葵(あおい)
  • 賢木(さかき)
  • 花散里(はなちるさと)

製品情報

製品名 源氏物語<新装版> 巻二
著者名 著:瀬戸内 寂聴
発売日 2001年10月05日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-261452-8
判型 四六
ページ数 300ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス