脳の地図帳

ジンタイスペシャルノウノチズチョウ
脳の地図帳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

《講談社 地図帳シリーズ》

【ヒトの脳は、なぜ巨大化し、複雑になったのか?】
脳の形態の変遷をみきわめれば、脳がもつ機能が自然にみえてくる

《本書のおもな内容》
【総論】
【下位脳】  脊髄/脳幹/小脳
【上位脳】  間脳/終脳
【脳室、髄膜、血管系】  脳室/脈絡叢/脳脊髄液/髄膜/血管系
【図譜でみる脳の内部】  脳幹の内部/間脳と終脳の内部

《なぜ神経解剖学の理解が大切か?》
 神経学の診断はきわめて理論的である。ある意味で、
数字の計算や問題を解くのとよく似ているといえるであろう。
その神経学の診断の基礎となるのが、神経解剖学である。
 脳と脊髄からなる中枢神経系は、種々のはたらきをもつ
中枢や脳に区分され、これらの明確な機能を果たす中枢間
には相互に連絡する線維路が形成される。特有な機能をもつ
中枢と、それが存在する場所、さらにここに出入りする神経線維
の経路(これを伝導路とよぶ)は、たとえていえば数学の公式や
定理に相当するといってもよいであろう。公式や定理なくして
正しい解答は導きだせないように、神経解剖学の理解なくして
正しい判断はくだせない。これはきわめて大切なことと理解して
いただけると思う。
                             (本文「総合案内」より)

目次

  • 《総論》
  • 進化の過程とヒトの脳
  • 脳はどのように発達し、分化していくのか
  • 《下位脳》
  • 脊髄  脊髄ができるまで―脊髄の発生
  •      脊髄の外形をみる
  •      灰白質と白質の役割
  •      伝導路の形成
  • 脳幹  脳幹ができるまで―延髄、橋、中脳の発生
  •      脳幹から出入りする10対の脳神経
  •      脳幹の外形をみる
  • 小脳  小脳ができるまで―片葉小節葉、虫部、半球の発生
  •      小脳の外形をみる
  •      小脳脚と小脳核
  • 《上位脳》
  • 間脳  間脳ができるまで―視床脳と視床下部の発生
  •      間脳と終脳の癒着
  •      間脳の外形をみる
  •      視床核の位置と分類
  •      視床核と大脳皮質の結びつき
  •      視床下部の核と線維連絡
  • 終脳  終脳(大脳)ができるまで―外形と内部の変化
  •      外側からみた終脳
  •      終脳の特殊な領域―島
  •      腹側からみた終脳
  •      内側からみた終脳
  •      大脳皮質―1古皮質と原皮質
  •      大脳皮質―2新皮質
  •      大脳皮質―3機能の局在
  •      大脳髄質―1交連線維
  •      大脳髄質―2連合線維
  •      大脳髄質―3投射線維
  •      大脳核
  • 《脳室、髄膜、血管系》
  • 脳室  脳室ができるまで―発生と形状の変化
  •      脳室の構成と区分  
  • 脈絡叢 脈絡叢の形成
  • 脳脊髄液 脳脊髄液の流れ
  • 髄膜 脳と脊髄の髄膜
  • 血管系 脊髄の動脈系―根動脈、脊髄動脈、内・外頸動脈、椎骨動脈
  •       脳底部の動脈系―内頸動脈、脳底動脈、大脳動脈輪
  •       大脳動脈輪の形態
  •       大脳半球表面の動脈分布
  •       小脳の動脈系
  •       脳と脊髄の静脈系
  • 《図譜でみる脳の内部》
  • 脳幹の内部
  • 間脳と終脳の内部
  •    
  • 《参考文献》
  • 《さくいん》

製品情報

製品名 脳の地図帳
著者名 著:原 一之
発売日 2005年01月21日
価格 定価 : 本体4,000円(税別)
ISBN 978-4-06-261022-3
判型 A4変型
ページ数 142ページ

著者紹介

著:原 一之(ハラ カズユキ)

1940年生まれ。 東京医科歯科大学医学部卒業。1969年同大学医学部第3解剖専攻生、関東逓信病院(現NTT東日本関東病院)第3内科(神経内科)勤務を経て、1972年より東京医科歯科大学医学部第3解剖文部教官助手、関東逓信病院神経内科研究員。1974年埼玉医科大学第2解剖非常勤講師、1975年医学博士(東京医科歯科大学)、埼玉医科大学第2解剖助教授。1987年東京証券業健康保険組合診療所嘱託、1993年同診療所所長、1996年名誉所長を経て、2006年より顧問。専門は神経解剖学、比較解剖学。著書に『脳解剖学』(萬年 甫との共著)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス