パーキンソン病のことがよくわかる本

健康ライブラリー
パーキンソンビョウノコトガヨクワカルホン
  • 電子あり
パーキンソン病のことがよくわかる本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ひと目でわかるイラスト図解
《講談社 健康ライブラリーイラスト版》

【進み方はゆっくり。困った症状も工夫しだいで乗り切れる】
パーキンソン病は脳内のドパミン不足で起こる病気。
正しい知識をもって上手につきあえば、命に関わるものではありません。
動きづらさ、不眠、幻覚、うつなど、様々な症状にどう対処すればよいのか。
前向きに楽しく暮らすための最新治療と生活法を徹底解説します。

【まえがきより】
パーキンソン病の進み方は非常にゆっくりで、薬物療法によるコントロールも十分に可能です。
特徴をよく知り、適切に対応すれば「上手につきあっていくことができる相手」です。
動ける体を維持すること、前向きに、楽しく暮らしていこうという気持ちで行動することが、さまざまな症状の改善につながります。
不具合を嘆いているより、できること、やってみたいことはどんどん実践していきましょう。
(監修者 岡山旭東病院神経内科部長 柏原健一)

【本書の主なポイント】
●ふるえる、動作が鈍くなる、筋肉がこわばる、姿勢を保てなくなるのが特徴的な運動症状
●便秘や頻尿、多量の汗、立ちくらみ……不快な症状もじつはパーキンソン病の一部
●うつや幻覚、認知機能障害が出てくることも
●似ているが違う、違うようで同じ病気がある。レビー小体型認知症との関係は?
●薬物療法の基本はドパミン補充療法。薬の効きすぎ、効果切れで現れる症状と対策
●楽観的で前向きな気持ちでいるほうがドパミンは出やすく、生活の質も向上する
●症状をよくする食べもの、食べ方はある?
●療養生活の大きな支えになる「全国パーキンソン病友の会」

【本書の構成】
第1章 運動障害だけじゃないパーキンソン病の症状
第2章 なぜ起きる? これからどうなる?
第3章 薬や手術で上手にコントロール
第4章 運動と前向きな気持ちが改善の鍵
第5章 困った症状も工夫しだいで乗りきれる

目次

  • 《 1 運動障害だけじゃないパーキンソン病の症状》
  • 【運動症状】四つの特徴的な運動症状がみられる
  • 【非運動症状】不快な症状もじつはパーキンソン病の一部
  • 【症状の現れ方】発病に気づく前から変化は生じている
  • 【似ている病気】似ているが違う、違うようで同じ病気がある
  • 【診断】診断がつくまでに時間がかかることも
  • 【検査】各種の画像検査や髄液検査をする
  • 《 2 なぜ起きる? これからどうなる?》
  • 【なにが起きているのか】脳の黒質が減少。ドパミン不足に陥る
  • 【なぜ発症するか】体質と環境、年齢の影響が重なる
  • 【一般的な経過】上手につきあえば命にはかかわらない
  • 【重症度】運動機能の程度で重症度が決まる
  • 【対応の基本】服薬とリハビリ、環境整備でよりよく暮らす/ 公的な制度の活用で負担は減らせる
  • 《 3 薬や手術で上手にコントロール》
  • 【薬物療法の基本】困った症状のコントロールが治療の基本
  • 【薬物療法の進め方】ドパミン補充療法で体の動きをよくする
  • 【ドパミン系薬剤】
  • 【非ドパミン系薬剤】
  • 【長期服薬の影響】
  • 【服薬の工夫】
  • 【外科的治療】
  • 《 4 運動と前向きな気持ちが改善の鍵》
  • 【リハビリテーション】運動で体と脳の力をアップさせる
  • 【取り組むコツ】前向きな気持ちが生活の質を上げる
  • 【リハビリ体操】どこを鍛えるか意識しながら取り組む
  • 【安全に歩く工夫】すくみ足、突進にあわてず対処する
  • 【転倒を防ぐ工夫】あせらず、ゆっくり、集中して動く
  • 【安全な環境づくり】住環境を整えれば動きやすくなる
  • 【発声練習】大きな声を出すのも運動になる
  • 《 5 困った症状も工夫しだいで乗り切れる》
  • 【心がまえ】パーキンソン病との関係を疑うことが大切
  • 【元気がない】
  • 【幻覚・妄想を訴える】
  • 【認知機能が低下してきた】
  • 【常識はずれのことをする】
  • 【眠れない/起きていられない】
  • 【痛い/しびれる】
  • 【立ちくらみがひどい】
  • 【トイレが近すぎる】
  • 【がんこな便秘が続く】
  • 【汗/よだれ/むくみ/冷え】
  • 【飲み込めない/やせてきた】

製品情報

製品名 パーキンソン病のことがよくわかる本
著者名 監:柏原 健一
発売日 2015年02月11日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-259789-0
判型 B20取
ページ数 100ページ
シリーズ 健康ライブラリーイラスト版

著者紹介

監:柏原 健一(カシハラ ケンイチ)

岡山旭東病院神経内科部長。岡山大医学部卒、同大大学院修了。高知県立中央病院神経内科医員、国立療養所山陽荘病院(現国立病院機構山口宇部医療センター)神経科医長、岡山大付属病院神経内科講師、岡山旭東病院神経内科主任医長などを経て現職。年間延べ1万人の診察をおこなう臨床のスペシャリスト。日本パーキンソン病・運動障害疾患学会(MDSJ)会員。共著に『みんなで学ぶパーキンソン病―患者さんとともに歩む診療をめざして』(南江堂)などがある。

オンライン書店で見る