脳梗塞の防ぎ方・治し方

健康ライブラリー
ノウコウソクノフセギカタナオシカタ
脳梗塞の防ぎ方・治し方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 突然起こる脳梗塞。4・5時間以内の治療開始が生死を分ける。本書では、発症および再発の防ぎ方、適切な治療法から後遺症を残さないためのリハビリ法までをイラストでわかりやすく徹底解説。

〔本書の主なポイント〕
* 脳梗塞とは脳卒中のひとつで、脳の血管が詰まる病気
* 高血圧、糖尿病、不整脈、喫煙、脂質異常症が脳梗塞の五大リスク
* 脳梗塞には「ラクナ梗塞」「アテローム血栓性梗塞」「心原性脳塞栓症」の   三つのタイプがある。すべてに関わるのは動脈硬化
* 「顔の片方がゆがむ」「片腕が上がらない」「ろれつが回らない」
   という症状がひとつでもあれば迷わず医療機関へ
* 発症後、すぐに行う「血栓溶解療法」と「血栓回収療法」
* 約半数は一〇年以内に再発。薬物療法と手術療法で再発を防ぐ
* 脳梗塞の約七割には後遺症が残る。高次脳機能障害という見えにくい後遺    症も
* リハビリで機能回復をめざす。生活習慣の改善こそが根本治療

目次

  • はじめに こんな症状はすぐに病院へ
  • 1章 4・5時間以内の治療開始がカギ。時間との勝負
  •    救急、超急性期の治療
  • 2章 脳の血管が詰まり、血流が途絶える病気
  •    脳梗塞とは、危険因子
  • 3章 薬物療法と手術療法で再発を防ぐ
  •    再発、急性期・回復期の薬物療法、手術
  • 4章 全身の管理をしながらリハビリを始める
  •    後遺症、リハビリ、チーム医療
  • 5章 生活習慣の改善こそが根本治療
  •    リスク管理、食事、運動、心の健康

製品情報

製品名 脳梗塞の防ぎ方・治し方
著者名 監:高木 誠
発売日 2012年11月13日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-259769-2
判型 B20取
ページ数 100ページ
シリーズ 健康ライブラリーイラスト版

著者紹介

監:高木 誠(タカギ マコト)

東京都済生会中央病院院長。1954年生まれ。79年、慶應義塾大学医学部卒業。長年にわたり東京都済生会中央病院神経内科にて診療に携わる。現在、同病院院長。
 専門は神経内科。とくに脳血管障害。一般市民向けの講演や、テレビ番組出演などを通じて、急性期治療の重要性について啓蒙を重ねている。編著書に『実践 脳卒中ケア』『内科レジデント治療マニュアル』(ともに医学書院)、監修書に『脳梗塞はこうして防ぐ、治す』(講談社)、『メイヨー・クリニック 脳卒中ハンドブック』(メディカルサイエンスインターナショナル)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス