仕事中だけ「うつ病」になる人たち 30代うつ、甘えと自己愛の心理分析

こころライブラリー
シゴトチュウダケウツビョウニナルヒトタチサンジュウダイウツアマエトジコアイノシンリブンセキ
仕事中だけ「うつ病」になる人たち 30代うつ、甘えと自己愛の心理分析
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

病気休暇中に海外旅行。
不調になったのは会社のせい。
自分の「うつ病」をあちこちに言って回る。

心の病の休職者による企業損失が年間約1兆円とも言われる時代。30代に、新しいタイプの「うつ病」が急増している。果たして彼らは、ほんとうに病気なのか?それとも――!?
いまどき若年層ビジネスマンの心理を、当代一の人気精神科医が、切り口鋭く読み解く!

こんな「うつ」が30代に増えている――
●職場では不調だが、好きな趣味は精力的に行える
●学歴が高く、まじめだが、やや自己中心的
●自分が「うつ」であることの自覚が強い
●一定のレベルまで回復するが、なかなか復職に踏み切れない
●不安感、恐怖感、あせりといった感情の動揺がひどい
など

ツグオさん(31歳)はブログを開設したのだが、そこでは会社の不当な扱いに加えて、「今日もうつだ」「もう死んだほうがいいのかな」「気がついてみたらビルの屋上に立っていた」といったうつ症状、希死念慮をほのめかす記述が目立った。しかし、一方では好きなアーティストのライブに行ったり学生時代の友だちとキャンプに行ったり、と元気な様子も記されていた。会社の相談室から紹介された精神科に通って、かなり大量の抗うつ薬を服用しているらしかった。――<本文より>

目次

  • 序章 30代に新型の「うつ」が急増中
  • 第1章 仕事以外のことならできる
  • 第2章 職場に広がる二次被害
  • 第3章 時代が「うつ」を変化させてきた
  • 第4章 責任回避の世代
  • 第5章 対応のしかた、治療のありかた
  • 第6章 「30代うつ」は病気か否か
  • 終章 自分が「30代うつ」だと思う人へ

製品情報

製品名 仕事中だけ「うつ病」になる人たち 30代うつ、甘えと自己愛の心理分析
著者名 著:香山 リカ
発売日 2007年01月20日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-259484-4
判型 四六
ページ数 198ページ
シリーズ こころライブラリー