死ぬときは苦しくない

こころライブラリー
シヌトキハクルシクナイ
  • 電子あり
死ぬときは苦しくない
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

最後に、どうしても伝えたいことがある。
あるがままに受け入れれば、「死」は怖くない
ミッドウェー、キスカ、トラック島で死線をくぐった元海軍軍医、88歳の現役医師が贈るやすらぎの死生観――

第1部 死ぬときは苦しくない
 太平洋戦争・私の戦歴、死の恐怖の中から得た諦念、
 空襲のさなかの失神体験 ――ほか
第2部 人間の死について――私の出会った死
 死は「別れのとき」、家族全員が見送った見事な最期、
 江國滋氏の食道癌、「生前の弔辞」を求めた婦人 ――ほか
第3部 死をめぐる日本の文化
 日本人と仏教(西行、道元、一休)、
 江戸の文化人(芭蕉、本居宣長)、
 キリスト教の指導者(内村鑑三、新渡戸稲造) ――ほか

目次

  • はじめに
  • 第一部 死ぬときは苦しくない
  • 第二部 人間の死について─私の出会った死
  • 第三部 死をめぐる日本の文化
  • おわりに
  • 〈参考文献〉

製品情報

製品名 死ぬときは苦しくない
著者名 著:永井 友二郎
発売日 2006年08月02日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-259483-7
判型 四六
ページ数 230ページ
シリーズ こころライブラリー

オンライン書店で見る