死のまぎわに見る夢

こころライブラリー
シノマギワニミルユメ
死のまぎわに見る夢
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

死の前に見る夢は、臨床心理の専門家たちの間でずいぶん前から人生最後の創造性として話題になっている。専門的な知識がない人にも読みやすく書かれた本書は、その理解と「救い」や「癒し」のための入門書である。――(深層心理学者・きたやま おさむ)

長いすに横たわっている自分自身の姿が見える。

主治医が妻に「ご主人はお亡くなりになりました」と言うと、夢からすべてのものが消えていく。それまで動いていた時計の針が止まったそのとき、時計の後ろに窓が現れ、明るい光が注ぎ込んできた。光は輝く道となり、わたしはその光の道を進んでいった。――ある精神分析家の父親の夢

製品情報

製品名 死のまぎわに見る夢
著者名 著:ケリ-・バルクリ- 著:パトリシア・バルクリ- 訳:秋田 恭子 訳:木村 和喜子
発売日 2006年12月10日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-259479-0
判型 四六
ページ数 214ページ
シリーズ こころライブラリー