失語症のすべてがわかる本

健康ライブラリー
シツゴショウノスベテガワカルホン
  • 電子あり
失語症のすべてがわかる本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

医療現場でさえも間違った対応がなされることがある失語症。「言葉を失う」とはどんな状態か、元に戻るのか。発症後まもなくの頃から知っておきたいこと、検査、治療、家族の対応の仕方を順番に説明しています。特に、コミュニケーション法は多くのページを使ってくわしく解説。適切な言語訓練が行われ、コミュニケーション法を身につけた患者さんは周囲が驚くほど豊かな表現力を発揮できます。専門職や介護職も実践で使える一冊。


ひと目でわかるイラスト図解
《講談社 健康ライブラリーイラスト版》

【失語症の原因と治療、いますぐ役立つコミュニケーション法を専門医がくわしく解説】
医療現場でさえも間違った対応がなされることがある失語症。
「言葉を失う」とはどんな状態か、元に戻れるのか?
失語症の正しい知識と治療・対処法を詳説。
患者とその家族だけでなく、介護職も役立つ必読書。

(まえがきより)
本書は、失語症の患者さんやその家族に、「すぐにでも役立つ」ことを目指しました。発症後まもなくのころから知っておきたいこと、検査、治療、家族の対応のしかたについて順番に説明しています。
特に、患者さんとのコミュニケーション法については、多くのページを使っています。最初に述べたことと矛盾するようですが、適切な言語訓練が行われ、コミュニケーション法を身につけた患者さんは、時に周囲の人を驚かすほどに豊かな表現力を発揮します。
ただし、これは患者さんが一人でできることではありません。患者さんの言わんとすることを周囲の人が読みとる、まさに二人三脚のコミュニケーション法です。この本が、患者さんとご家族にとってより豊かなコミュニケーションへの一助となれば、これほどうれしいことはありません。

【本書の主なポイント】
●失語症は脳の血管障害やけがの後遺症として発症する
●聞こえるが、言葉の意味を理解することが苦手になる
●失語症のタイプは千差万別。同じ症状の人はほとんどいない
●症状に合わせた言語訓練で言葉の働きをとり戻す
●言葉の力の回復は年単位。長い目で見て少しずつ
●家族の理解がいちばんの助け。積極的に話す場を設けること
●家族が避けたい3大失敗とコミュニケーションのコツ

【本書の構成】
第1章 失語症とは これだけは知っておきたい
第2章 障害のタイプを知る 検査と診断
第3章 失語症から回復させる 治療と訓練
第4章 家族の助け すべきこと、すべきでないこと
第5章 よりよい生活のために 社会資源を上手に使う

目次

  • 失語症について、どのくらい知っていますか?
  • 【第1章 失語症とは これだけは知っておきたい】
  • たいへん! お父さんが倒れた!!
  • なぜ起こる?/脳卒中やケガで脳に障害が起こる
  • どんな状態?/言葉のわからない国にほうり出されたようなもの
  • 言葉を忘れてしまうの?/言葉の引き出しが混乱する
  • 話せないということ?/口が動き、声が出るより以前の働きに問題がある
  • 耳が遠くなったの?/聞こえるが理解することが苦手になる
  • 認知症になったの?/言葉に関すること以外は衰えない
  • コラム/失語症とまぎらわしい病気
  • 【第2章 障害のタイプを知る 検査と診断】
  • 失語症ってひとつじゃないの?
  • 失語症の治療/言語聴覚士が診断・治療する
  • イメージが言葉になる/ものと言葉は脳で結びつく
  • 失語症のタイプ1/言い間違えたり言葉が出なくなる 2/思い違いや「わからない」が多くなる
  • 言葉がイメージになる/文字や音から意味をくみとる
  • 検査/30近くもの項目を細かに調べる
  • コラム/利き手と言葉の不思議
  • 【第3章 失語症から回復させる 治療と訓練】
  • いよいよ治療が始まった
  • 治療方針/症状、程度によって治療法が異なる
  • 治療の目的/言葉とともにコミュニケーションをとり戻す
  • 効果を最大限にする/家族は「治療」より「対処法」を重視して
  • 理解力を高める1/ものと言葉の結びつきをとり戻す 2/「何が」「どうする」を使って文章をつくる
  • 表出する力を高める1/ものの名前を漢字で書いてみる 2/言いたいことを説明する力をとり戻す
  • 治療期間/回復は年単位。長い目で見て少しずつ
  • 【第4章 家族の助け すべきこと、すべきでないこと】
  • Aさん、ひさしぶりのわが家へ
  • 理解はいちばんの助け
  • 避けたい3大失敗
  • 話しかけるときは
  • 話を聞くときは
  • 道具を使う
  • 会話を絶やさない
  • 後遺症のケア
  • マヒがあるとき
  • 再発防止
  • 【第5章 よりよい生活のために 社会資源を上手に使う】
  • 悩みを分かち合いたい
  • 多いトラブル
  • 交流の場をもつ
  • 社会資源を使う
  • 介護保険や福祉サービスを使う

製品情報

製品名 失語症のすべてがわかる本
著者名 監:加藤 正弘 監:小嶋 知幸
発売日 2006年07月11日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-259407-3
判型 B20取
ページ数 102ページ
シリーズ 健康ライブラリーイラスト版

著者紹介

監:加藤 正弘(カトウ マサヒロ)

1935年生まれ。60年慶應義塾大学医学部卒業。65年ウェイク・フォレスト大学(アメリカ)に留学、伊豆韮山温泉病院、慶應義塾大学を経て、86年より江戸川病院院長。2013年より同名誉院長。98~2003年、日本失語症学会(現・日本高次脳機能障害学会)理事長。専門は神経内科、特にリハビリテーショ。ン

監:小嶋 知幸(コジマ トモユキ)

1958年生まれ。80年埼玉大学教養学部卒業。89年日本聴能言語福祉学院卒業、99年言語聴覚士となる。同年、東京大学医学部にて医学博士号取得。89年3月より江戸川病院リハビリテーション科勤務、94年より同科科長。2006年2月より、市川高次脳機能障害クリニック(現在は市川高次脳機能障害相談室)を開設。日本高次脳機能障害学会評議員、仙台医療福祉専門学校言語聴覚学科専任講師

オンライン書店で見る