海洋帝国興隆史 ヨーロッパ・海・近代世界システム

講談社選書メチエ
カイヨウテイコクコウリュウシヨーロッパウミキンダイセカイシステム
  • 電子あり
海洋帝国興隆史 ヨーロッパ・海・近代世界システム
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

近代黎明期、困難な海上ルートを通じて、世界へと乗り出したヨーロッパ諸国が築いた海洋帝国。ポルトガル海洋帝国が形成した異文化間交易のネットワーク。商業資本主義の時代、海運国家として繁栄を謳歌したオランダ。イギリスの電信網が生んだ世界の一体化――。
ウォーラーステインの「近代世界システム」を海と商人の視点から捉え直し、ヨーロッパによる世界支配の本質に迫る。まったく新しい海事史(Maritime History)入門。

目次

  • 序章  地中海・北海・バルト海・大西洋
  • 第一章 「近代世界システム」の限界
  • 第二章 北海・バルト海・地中海の商業
  • 第三章 大西洋経済の形成とヨーロッパの一体化
  • 第四章 アジア・太平洋とヨーロッパ
  • 第五章 世界の一体化とイギリス
  • 終章  海からみた世界システム

製品情報

製品名 海洋帝国興隆史 ヨーロッパ・海・近代世界システム
著者名 著:玉木 俊明
発売日 2014年11月11日
価格 定価 : 本体1,650円(税別)
ISBN 978-4-06-258590-3
通巻番号 587
判型 四六
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:玉木 俊明(タマキ トシアキ)

一九六四年、大阪市生まれ。同志社大学大学院文学研究科(文化史学専攻)博士後期課程単位取得退学。現在、京都産業大学経済学部教授。専門は近代ヨーロッパ経済史。著書に『北方ヨーロッパの商業と経済』(知泉書館)、『近代ヨーロッパの誕生』(講談社選書メチエ)、 『近代ヨーロッパの形成』(創元社)、The Rise of the Atlantic Economy and the North Sea / Baltic Trades, 1500-1800.(共編著、Stuttgart)、Comparing Post War Japanese and Finnish Economies and Societies(共編著、London and New york)、
『近代ヨーロッパの探究9 国際商業』(共著、ミネルヴァ書房)、『ヘゲモニー国家と世界システム』(共著、山川出版社)などがある。

オンライン書店で見る