緑の党 運動・思想・政党の歴史

講談社選書メチエ
ミドリノトウウンドウシソウセイトウノレキシ
  • 電子あり
緑の党 運動・思想・政党の歴史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一九六〇年代末~七〇年代初頭、先進国で高揚した「新しい社会運動」。そこから出発した緑の党は、役割を変化させながら現在に至っている。ドイツをはじめとした諸外国のケースを検討しながら、運動・思想・体制(政権党)の三つの側面を分析する。私たちはどのような社会を望むのか。緑の党はその選択肢になりうるのか。いま改めて考え直す。


一九六〇年代末~七〇年代初頭、先進国で高揚した「新しい社会運動」。
そこから出発した緑の党は、
役割を変化させながら現在に至っている。
ドイツをはじめとした諸外国のケースを検討しながら、
運動・思想・体制(政権党)の三つの側面を分析する。
私たちはどのような社会を望むのか。
緑の党はその選択肢になりうるのか。いま改めて考え直す。

目次

  • 序章 なぜいま緑の党か
  • 第1章 世界に広がる緑の党 
  •  1.欧州諸国
  •  2.ドイツ
  •  3.フランス
  •  4.アングロサクソン諸国
  •  5.グローバル・グリーンズ
  • 第2章 運動としての緑の党
  •  1.転換点としての一九六八年
  •  2.多様なテーマ
  •  3.社会運動から政権党へ
  •   
  • 第3章 思想としての緑の党
  •  1.エコロジー思想は左翼か
  •  2.環境思想│源流からエコロジー的近代化まで
  •  3.新しい生き方・働き方を求めて
  •   
  • 第4章 体制(政権党)としての緑の党
  •  1.シュレーダー政権の軌跡と緑の党
  •  2.焦点としての脱原発問題
  •  3.政権参加と緑の党のアイデンティティ
  •  4.ポスト赤緑時代の政党連立問題
  •      
  • 終章 緑の党と私たち
  •  1.戦後日本政治と革新勢力の脆弱性
  •  2.緑の党研究から私たちは何を学ぶか
  •  3.私たちはどのような社会を望むのか
  •    
  • 注釈
  • あとがき
  • 索引

製品情報

製品名 緑の党 運動・思想・政党の歴史
著者名 著:小野 一
発売日 2014年09月11日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-258586-6
通巻番号 583
判型 四六
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:小野 一(オノ ハジメ)

1965年、福井県生まれ。一橋大学社会学研究科博士後期課程単位取得退学。法学修士。工学院大学准教授。専門は政治学、現代ドイツ政治。
○著書:
『ドイツにおける「赤と緑」の実験』御茶の水書房、2009年。
『現代ドイツ政党政治の変容/社会民主党、緑の党、左翼党の挑戦』吉田書店、2012年。
○共著:
『政治変容のパースペクティブ[第2版]』ミネルヴァ書房、2010年。
『政治を問い直す(1) 国民国家の境界』日本経済評論社、2010年。
『反核から脱原発へ ドイツとヨーロッパ諸国の選択』昭和堂、2012年。

オンライン書店で見る