人格系と発達系 〈対話〉の深層心理学

講談社選書メチエ
ジンカクケイトハッタツケイタイワノシンソウシンリガク
  • 電子あり
人格系と発達系 〈対話〉の深層心理学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ私は彼を憎むのか? 
なぜ彼は私を憎むのか?
対立を激化させてきた二つの性格傾向、〈人格系〉と〈発達系〉。それはわれわれに不信の種を植えつづけた犯人でもあった。
本書は、心理療法としてのアクティブ・イマジネーションを紹介し、〈想像〉の作業をわれわれの不信を解きほぐす手がかりとして提示したうえで、二つの〈顔〉が和解に至る普遍的なプロセスを描き出す。
太古からヒトの心を捕らえつづけた根源的対立を超えるための深層心理学的実践の書。

目次

  • はじめに 対立と和解についての見取り図
  •  対立と相互の理解不能/人格系と発達系/〈想像〉に和解の可能性を探る/画期的事例──出口王仁三郎の『霊界物語』
  • 第一章 人格系、発達系とは何か
  •  発達障害と発達系/人格障害(とくに自己愛性人格障害)と人格系/人格系と発達系の対立/Kさんの場合/その後の顛末/Kさんの困難な生
  • 第二章 発達系に対する血の通った理解
  •  発作のないてんかんとしての発達系/発達系と中心気質/発達系と「森羅万象との融合」/発達系とe因子/発達系とイントラ・フェストゥム/天照と素盞嗚/他
  • 第三章

製品情報

製品名 人格系と発達系 〈対話〉の深層心理学
著者名 著:老松 克博
発売日 2014年04月11日
価格 定価 : 本体1,650円(税別)
ISBN 978-4-06-258575-0
判型 四六
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:老松 克博(オイマツ カツヒロ)

1959年、鳥取県生まれ。1984年、鳥取大学医学部卒業。1992~95年、チューリッヒ・C・G・ユング研究所留学。大阪大学人間科学部教授。臨床心理士。ユング派精神分析家。博士(医学)。
○著書:
『漂泊する自我』(新曜社)。
『スサノオ神話でよむ日本人』(講談社)。
『アクティヴ・イマジネーション』(誠信書房)。
『無意識と出会う』『成長する心』『元型的イメージとの対話』(「アクティヴ・イマジネーションの理論と実践」シリーズ1~3、トランスビュー)。
『ユング的悩み解消術』(平凡社)。
○訳書:
バッハ『生命はその生涯を描く 重病の子どもが描く自由画の意味』。
ハナー『アクティブ・イマジネーションの世界』。
アスパー『自己愛障害の臨床』(創元社)。
ファース『絵が語る秘密』(日本評論社)。
ユング『クンダリニー・ヨーガの心理学』(創元社)。
ユング『哲学の木』(監訳,創元社)。
ユング『ヴィジョン・セミナー』(共監訳,創元社)。
ユング『ゾシモスのヴィジョン(仮)』(近刊,創元社)。

オンライン書店で見る