ティムール帝国

講談社選書メチエ
ティムールテイコク
  • 電子あり
ティムール帝国
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「チンギス・ハンは破壊し、ティムールは建設した」――。一四世紀から一五世紀にかけて、中央ユーラシアの広大な領域を統合した大帝国。現世の楽園とも言える庭園(バーグ)を数多く建設し、青に彩られた帝都サマルカンドとその周辺に高度な文化を花開かせた帝国はいかにして繁栄したのか。マムルーク朝やオスマン帝国など西アジアの敵対勢力をも打ち破った創始者ティムールと後継者たちの知られざる実像に迫る。


「チンギス・ハンは破壊し、ティムールは建設した」――。
一四世紀から一五世紀にかけて、中央ユーラシアの広大な領域を統合した大帝国がティムール帝国である。
現世の楽園とも言える庭園(バーグ)を数多く建設し、青に彩られた帝都サマルカンドとその周辺に高度な文化を花開かせた。インド・ムガル帝国にもつながるこの帝国はいかにして繁栄したのか。マムルーク朝やオスマン帝国など西アジアの敵対勢力をも打ち破った創始者ティムールとその後継者たちの知られざる実像に迫る。

目次

  • はじめに サマルカンド・ブルーの謎 
  • 第一章 稀代の英雄の登場 
  •   1 ティムールの出自と出生 
  •   2 ティムール出生時のユーラシア 
  •   3 モンゴル帝国とチャガタイ・ウルス 
  • 第二章 創業の時代 
  •   1 群雄割拠の中央アジア 
  •   2 モグール・ウルスとの同盟 
  •   3 ティムール政権の成立 
  •   4 中央アジアの統合とチャガタイ・アミールの反乱 
  • 第三章 拡大の時代 
  •   1 西アジアの征服 
  •   2 キプチャク草原への遠征 
  •   3 北インドへの遠征 
  •   4 生涯最後の遠征 
  • 第四章 帝国揺籃の地マー・ワラー・アンナフル 
  •   1 マー・ワラー・アンナフルの世界
  •   2 カシュカ河流域とティムール 
  •   3 サマルカンドとケシュの両京制 
  •   4 鎖の宮殿で冬営するティムール 
  • 第五章 帝都と首都圏 
  •   1 七年戦役中の土木・建築事業 
  •   2 現世の楽園バーグ 
  •   3 サマルカンドとケシュのあいだ 
  • 第六章 ティムールの死をめぐって 
  •   1 傷身儀礼 
  •   2 ハリール・スルターンとチンギス家 
  •   3 内乱のゆくえ 
  • 第七章 もう一人の後継者 
  •   1 ウルグ・ベグ政権の成立    
  •   2 サマルカンドの繁栄 
  •   3 対外政策とグーリ・アミール廟 
  •   4 史書『四ウルス』と四ウルス叙述法 
  • 第八章 伝説のなかのティムール 
  •   1 サーヒブ・キーランという称号
  •   2 ティムールの系譜 
  •   3 「王朝の創始者」の創造 
  • おわりに ティムール帝国のその後

製品情報

製品名 ティムール帝国
著者名 著:川口 琢司
発売日 2014年03月11日
価格 定価 : 本体1,750円(税別)
ISBN 978-4-06-258573-6
通巻番号 570
判型 四六
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る