文明と教養の〈政治〉 近代デモクラシー以前の政治思想

講談社選書メチエ
ブンメイトキョウヨウノセイジキンダイデモクラシーイゼンノセイジシソウ
  • 電子あり
文明と教養の〈政治〉 近代デモクラシー以前の政治思想
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

宮廷社会や文明社会を舞台としたヨーロッパの初期近代では、19世紀以降とは異なる、人文主義的な政治が展開されていた。そこでは、マナーや教養、レトリック、シヴィリティ(文明)が重要視され、ギリシャ哲学からも多くの影響を受けている。
しかしフランス革命と産業化の19世紀を迎えてのち、デモクラシーの浸透とともに、人文主義的な政治マナーは衰退してしまう。
政治状況が閉塞するいま、デモクラシーを問い直して新しい政治のあり方を模索するためにも、デモクラシー以前の政治思想の歴史を学び直す必要がある。
アダム・スミス、ベイコン、ヒューム、ハーバーマスなどの論考を参照しつつ、実践知の政治学に光をあてる試み。

目次

  • はじめに
  • 第一章 政治における教養と技術
  • 1 デモクラシーの歴史?
  • 2 可能性の技術
  • 3 政治と教養
  • 第二章 実践知の政治学
  • 1 人文主義の伝統
  • 2 レトリック
  • 3 思慮
  • 第三章 文明の作法
  • 1 デモクラシー以前の教養と作法
  • 2 宮廷という舞台
  • 3 シヴィリティ
  • 4 文明社会
  • 第四章 失われた政治学
  • 1 チェスターフィールドという「型」
  • 2 文明の転位
  • 3 近代における政治と作法
  • 4 政治における「型」
  • おわりに
  • あとがき

製品情報

製品名 文明と教養の〈政治〉 近代デモクラシー以前の政治思想
著者名 著:木村 俊道
発売日 2013年10月11日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-258564-4
判型 四六
ページ数 260ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:木村 俊道(キムラ トシミチ)

1970年埼玉県に生まれる。東京都立大学法学部、同大学院社会科学研究科政治学専攻、同法学部助手を経て、九州大学大学院法学研究院教授。著書に)、『顧問官の政治学―フランシス・ベイコンとルネサンス期イングランド』(木鐸社)、『文明の作法―初期近代イングランドにおける政治と社交 』(ミネルヴァ書房)など。

オンライン書店で見る