戦国大名の「外交」

講談社選書メチエ
センゴクダイミョウノガイコウ
  • 電子あり
戦国大名の「外交」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦国大名たちは合戦だけをしていたわけではない。 和睦や軍事同盟、領土交渉という「外交」を、 活発に行って戦国時代を生き抜かんとしていた。 武田信玄・今川義元・北条氏康による 名高い「甲駿相三国同盟」の成立の舞台裏をはじめ、 文書と交渉者「取次」が飛び交う、 外交の現場を生々しく描き出す。 最新の戦国期研究の成果がここにある! (講談社選書メチエ)

目次

  • 序 章 戦国大名という「地域国家」
  • 第一章 外交の作法
  •  1 同盟・和睦と大名の面目
  •  2 起請文の交換
  •  3 同盟の成立と崩壊
  • 第二章 外交による国境再編
  •  1 国分──国境の再編協定
  •  2 国衆の両属
  •  3 村落と戦争
  • 第三章 外交書状の作られ方
  •  1 書札礼とは何か
  •  2 取次書状の作られ方
  • 第四章 取次という外交官
  •  1 武田氏・北条氏の取次の構成
  •  2 当主側近の外交参加
  •  3 一門・宿老の外交参加
  •  4 「取次権の安堵」
  • 第五章 外交の使者
  •  1 使者の人選
  •  2 使者の危険性と路次馳走
  • 第六章 外交の交渉ルート
  •  1 越相同盟の成立と二つの手筋
  •  2 手筋の統合
  •  3 越相同盟の崩壊
  • 第七章 独断で動く取次
  •  1 取次島津家久の独断
  •  2 島津家久の裏の動き
  •  3 過激化する取次
  • 第八章 取次に与えられた恩賞
  •  1 他大名から与えられる知行地
  •  2 「取次給」の宛行
  •  3 国衆側の取次への接し方
  • 終 章 戦国大名外交の行く末
  •  1 戦国大名の取次化
  •  2 国分協定から「惣無事令」へ
  • 主要参考文献
  • あとがき

製品情報

製品名 戦国大名の「外交」
著者名 著:丸島 和洋
発売日 2013年08月09日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-258559-0
通巻番号 556
判型 四六
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る