フィリピンBC級戦犯裁判

講談社選書メチエ
フィリピンビーシーキュウセンパンサイバン
  • 電子あり
フィリピンBC級戦犯裁判
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

独立国家として歩み出したフィリピン政府は、戦後の国際状況と対日関係、そして激しい国民の怒りを前に、この裁きに、どのような意義を見出し、困難に直面したか。一五一名の被告は、いかにして裁かれ、獄中を過ごし、そして処刑、恩赦に至ったか。日比両国の数多くの資料と当事者たちの証言を丹念に検証し、これまで様々に語られてきた戦犯裁判という問題に、実証の光を当てる試み。(講談社選書メチエ)


マニラの惨劇と戦犯達の苦悩、そして裁判と恩赦をめぐる、語られざる現代史。
「BC級戦犯」の歴史にあらたな光を当てる実証研究。

独立国家として歩み出したフィリピン政府は、戦後の国際状況と対日関係、そして激しい国民の怒りを前に、この裁きに、どのような意義を見出し、困難に直面したか。
一五一名の被告は、いかにして裁かれ、獄中を過ごし、そして処刑、恩赦に至ったか。
日比両国の数多くの資料と当事者たちの証言を丹念に検証し、これまで様々に語られてきた戦犯裁判という問題に、実証の光を当てる試み。

目次

  • はじめに
  • 第一章 フィリピン人の対日感情──一九四五年の原風景
  • 第二章 独立国家としての挑戦──フィリピンの対日戦犯裁判
  • 第三章 モンテンルパの時代──関係性の修復に向けた模索
  • 第四章 恩赦──「怒り」と「赦し」の狭間で
  • おわりに
  • あとがき
  • 略語表
  • 写真出典一覧

製品情報

製品名 フィリピンBC級戦犯裁判
著者名 著:永井 均
発売日 2013年04月11日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-258551-4
通巻番号 548
判型 四六
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る