国家とインターネット

講談社選書メチエ
コッカトインターネット
  • 電子あり
国家とインターネット
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

グローバリゼーションの時代、国家とメディアの関係は敵対か、はたまた共存か? IT技術は〈人間〉への福音か、それとも呪いか? ──来るべき世界における権力・メディア・人間の関係を根底から考察する。(講談社選書メチエ)


グローバリゼーションの時代、国家とメディアの関係は敵対か、はたまた共存か?
IT技術は〈人間〉への福音か、それとも呪いか?
──来るべき世界における権力・メディア・人間の関係を根底から考察する。

目次

  • まえがき
  • 序 章 ネットを〈創造〉したのは誰か
  • 第一章 三つの担い手
  • 第二章 国家とイノベーション
  • 第三章 国家とその《外部》
  • 第四章 新自由主義国家とインターネット
  • 第五章 アラブ動乱とソーシャル・メディア
  • 第六章 インターネットの軍事化
  • 終 章 過剰露出される社会
  • さいごに──二一世紀は二〇世紀の遺産を食いつぶすだけなのだろうか
  • 主要参考文献
  • 謝辞

製品情報

製品名 国家とインターネット
著者名 著:和田 伸一郎
発売日 2013年04月11日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258550-7
通巻番号 547
判型 四六
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る