穢れと神国の中世

講談社選書メチエ
ケガレトシンコクノチュウセイ
  • 電子あり
穢れと神国の中世
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東北から九州まで共通して見られる、死と出産を「穢」とみなす民俗習慣。その観念の起源をめぐる探究は九~十世紀に制定された『延喜式』に行き当たる。数多くの史料を、当時の息づかいがわかるように参照し、「穢」という不可思議な意識と社会秩序感覚が生み出された過程を明らかにする。挑戦的な歴史学の試み。(講談社選書メチエ)


誰が、いつ、どのように生み出したのか?

穢観念と、排除される他者、そして生まれる<われわれ>という意識。中世史の一大テーマに挑む意欲作!

列島に共通して見られる、出産と死を「穢」とみなす民俗習慣。その起源の探求は九~十世紀に制定された『延喜式』に行き当たる。その他数多くの史料を、当時の息づかいがわかるように参照し、「穢」という不可思議な意識と、社会秩序感覚が生み出された過程を明らかにする。
さらに、神国という<われわれ>意識、つまり国家意識の萌芽を見出さんとする挑戦的な歴史学の試み。

目次

  • 序 章
  • 出産・死をめぐるしきたり/しきたりの由来/二つの筋書き/〈われわれ〉意識の歴史へ
  • 第一章 清浄なるものを探る
  • 先学はどう考えてきたのか/「キヨメの都市的構造」とは/治承二年冬、六波羅/邪気と神気/跳梁する魑魅魍魎、戦う人々(1)/跳梁する魑魅魍魎、戦う人々(2)/邪気・神気と穢/「穢悪き疫鬼」の正体/清浄なるもの
  • 第二章 秩序が動揺した時に
  • 何が起こるのか/如何なる意味があるのか/春日社の場合/もう一つの事件/全てを終わらせるために/石清水八幡宮の場合/絶対の終点/怒れる神の分布/神々の正体/もう一つの枠組み
  • 第三章 秩序を維持するために
  • 「清目」/「清目」が「重役」である理由/儚い「重役」/注連縄・清祓/日々の取り組み/取り組みの広がり/取り組みのバラつき/東と西/もう一つの方法/排除の論理
  • 第四章 〈われわれ〉意識の形成
  • 嘉保三年夏、京/嘉保三年三月/知る動機と〈われわれ〉の条件/弘安の神領興行と「甲乙人」/馴染み深い事態/鎌倉の位置/位置の変化/蒙古軍が襲来するということ/神国の系譜/〈われわれ〉の形成と〈他者〉の変貌
  • 結び
  • 変わらぬ秘訣
  • あとがき

製品情報

製品名 穢れと神国の中世
著者名 著:片岡 耕平
発売日 2013年03月12日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-258548-4
通巻番号 545
判型 四六
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る