「イタリア」誕生の物語

講談社選書メチエ
イタリアタンジョウノモノガタリ
  • 電子あり
「イタリア」誕生の物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一八世紀末、イタリア半島は小国の集合体だった。サルデーニャ王国、ジェノヴァ共和国、ヴェネツィア共和国、モデナ公国、パルマ公国、トスカーナ大公国、教会国家、ナポリ王国、ハプスブルク帝国領のミラノ公国……。フランス革命の風を受け、統一国家「イタリア」の実現を目指す「再興(リソルジメント)運動」の激しいうねり。大国フランスとオーストリアの狭間で、いかにして「想像の政治的共同体」は成立したのか?

目次

  •  はじめに
  •   地理的名称・イタリアを国家に/明治のイタリア史ブーム/イタリアへの親近感/『伊太利建國三傑』/中国と朝鮮でも
  • 第一章 「自由の木の酸っぱいけれども甘い果実を味わった最初の国」──一七九六~一七九九年
  •  イタリアとヨーロッパ/フランス革命とイタリア/「革命の三年間」(一七九六~一七九九年)/「姉妹共和国」の誕生/他
  • 第二章 皇帝ナポレオンのイタリア支配──一八〇〇~一八一四年
  •  統領ナポレオンの領土再編成/皇帝ナポレオンの領土再編成/ナポレオン支配の光と影/反ナポレオンの運動/ナポレオンの失墜
  • 第三章 不安定な王政復古体制
  •  ウィーン体制下のヨーロッパ/ウィーン会議によるイタリアの編成/秘密結社運動の活発化/ナポリとトリノの革命/
  • 第四章 秘密結社運動から政党の運動へ
  •  リソルジメント運動と亡命者たち/マッツィーニと「青年イタリア」/「青年」が意味するもの/「イタリア」の地理的定義/他
  • 第五章 革命ではなく改革を目指した穏和派
  •  穏和派とは/ジョベルティの『イタリア人の道徳的・文明的優位』/バルボの『イタリアの希望』/他
  • 第六章 イタリアの長い「一八四八年革命」
  •  一八四八年のイタリアとヨーロッパ/ミラノの煙草ストライキ/南から北へ連鎖する憲法発布/「一八四八年革命」の国際化/他
  • 第七章 リソルジメントの国際化
  •  第二次王政復古時代の特徴/憲章を堅持したサルデーニャ王国の動向/サルデーニャ王国に流入した亡命者/他
  • 第八章 職人的なイタリア統一
  •  第二次独立戦争の開始/中部イタリアにおける反乱とヴィッラフランカ休戦協定/サルデーニャ王国に併合された中部イタリア/ガリバルディの「千人隊」/他
  • 第九章 半島の名前から民族の名前となったイタリア
  •  統一に「洗礼」を授けた住民投票/イタリア王国の誕生/カヴールの急逝に対する反応/「歴史的右派」政権が取り組んだ諸問題/他
  • 第十章 「クオー・ヴァディス、イタリア」──「おわりに」にかえて
  •  「イタリアよ、何処に行きたもう?」/論争の二つの契機/近現代イタリアにおける三つの異なる政治体制/一九一一年の統一・五〇周年/他
  • あとがき
  • 文献案内
  • 年表 「イタリア」誕生の物語

製品情報

製品名 「イタリア」誕生の物語
著者名 著:藤澤 房俊
発売日 2012年08月10日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-258535-4
通巻番号 532
判型 四六
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る