ドイツ観念論 カント・フィヒテ・シェリング・ヘーゲル

講談社選書メチエ
ドイツカンネンロンカントフィヒテシェリングヘーゲル
  • 電子あり
ドイツ観念論 カント・フィヒテ・シェリング・ヘーゲル
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「いま」「ここで」、〈それでよい〉と語る勇気。近代的思考の基礎を作ったドイツ観念論の四人の代表的哲学者。彼らの思想の核心には、歴史の「これから」におのれの身一つで踏み出す勇気と決断があった。先達の思想を受け継ぎ、かつ乗り越えて行くダイナミックな思想の歩みを、これまでになく平易かつ明快に解説する。(講談社選書メチエ)


「いま」「ここで」、<それでよい>と語る勇気
近代的思考の基礎を作ったドイツ観念論の四人の代表的哲学者。彼らの思想の核心には、歴史の「これから」に、おのれの身一つで踏み出す勇気と決断があった。先達の思想を受け継ぎつつ、かつ乗り越えて行くダイナミックな思想の歩みを、これまでになく平易かつ明快に解説する。
[本書の内容 ]
●ドイツ観念論とは?
●カント『純粋理性批判』の「歴史哲学」
●フィヒテの『知識学』──フランス革命の哲学
●シェリング──自然史と共感の哲学
●ヘーゲル『精神現象学』──真理は「ことば」と「他者」のうちに住む

目次

  • 序章 ドイツ観念論とは?
  • 第一章 カント『純粋理性批判』の「歴史哲学」
  • 第二章 フィヒテの『知識学』──フランス革命の哲学
  • 第三章 シェリング──自然史と共感の哲学者
  • 第四章 ヘーゲル『精神現象学』──真理は「ことば」と「他者」のうちに住む
  • あとがき
  • 引用文献
  • 参考文献

製品情報

製品名 ドイツ観念論 カント・フィヒテ・シェリング・ヘーゲル
著者名 著:村岡 晋一
発売日 2012年08月10日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-258534-7
通巻番号 531
判型 四六
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

関連シリーズ

オンライン書店で見る