古代エジプト文明 世界史の源流

講談社選書メチエ
コダイエジプトブンメイセカイシノゲンリュウ
  • 電子あり
古代エジプト文明 世界史の源流
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一神教の起源・「モーセ」と「アクエンアテン」、エジプト王国最後の象徴「クレオパトラ」、謎の民族「海の民」の正体、世界に広がる「エジプトの神々」と「来世信仰」、異民族「ヒクソス」の実像と「最古の戦争」カデシュの戦い
歴史の焦点がここにある!

世界史の中で古代エジプト文明が果たした役割とは何か。ミノア、ヒクソス、アッシリア、ペルシア、ギリシア、ローマ……西洋世界の源流のひとつとしてエジプトを捉えたとき、まったく新たな歴史像が立ち上がる。最新の研究成果をふんだんに盛り込み、「外」とのインタラクションという視点の下にその興亡を描き直す、画期的試み!

目次

  • プロローグ
  • 序 章 古代エジプト文明の誕生
  • 第1章 ミノア文明と古代エジプト文明
  • 第2章 異民族ヒクソスの時代
  • 第3章 アクエンアテン王の宗教改革と多神教世界
  • 第4章 アマルナ時代とアマルナ文書
  • 第5章 ヒッタイトとカデシュの戦い
  • 第6章 ラメセス三世と「海の民」
  • 第7章 アレクサンドロス大王とアレクサンドリア
  • 第8章 女王クレオパトラ七世のエジプト
  • 第9章 古代ローマ帝国と皇帝たちのエジプト文化
  • 終 章 古代エジプト文明は世界史の中へ
  • 図版出典
  • 参考文献
  • あとがき
  • 古代エジプト文明年表

製品情報

製品名 古代エジプト文明 世界史の源流
著者名 著:大城 道則
発売日 2012年04月11日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-258530-9
通巻番号 527
判型 四六
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る