ギリシア正教 東方の智

講談社選書メチエ
ギリシアセイキョウトウホウノチ
  • 電子あり
ギリシア正教 東方の智
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「東」のキリスト教――その深い智慧への誘い。カトリックともプロテスタントとも異なる「もう一つのキリスト教」。東西教会分裂の原因となった「フィリオクェ」問題、アトス山などの修道生活で発展した独自の瞑想技法、華麗にして深遠なるイコンの世界など、「東」のキリスト教思想の奥義に迫る。(講談社選書メチエ)


「東」のキリスト教――その深い智慧への誘い

カトリックともプロテスタントとも異なる「もう一つのキリスト教」。
東西教会分裂の原因となった「フィリオクェ」問題、アトス山などの修道生活で発展した独自の瞑想技法、華麗にして深遠なるイコンの世界など、「東」のキリスト教思想の奥義に迫る。

目次

  • まえがき
  • 第一章 キリスト教ローマ帝国の成立
  • 第二章 教会分裂の始まり
  • 第三章 スラヴ諸教会の成立と「大シスマ」
  • 第四章 正教信仰の基本
  • 第五章 ヘシュカズム──正教霊性の頂点
  • 第六章 東方と西方の信仰態度の違い
  • 第七章 フィリオクェの問題性
  • 第八章 各正教会の略伝と現況
  • あとがき
  • 参考文献

製品情報

製品名 ギリシア正教 東方の智
著者名 著:久松 英二
発売日 2012年02月10日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-258525-5
通巻番号 522
判型 四六
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る