分析哲学入門

講談社選書メチエ
ブンセキテツガクニュウモン
  • 電子あり
分析哲学入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

英語圏の国々では現代哲学の主流であり続ける分析哲学。しかし、日本ではその存在感は薄い。その現状が「限りなく号泣状態に近いくらい悲しい」と嘆く著者による、渾身の入門書。「ある」とはどういうこと? 「知っている」とは? 「心」とは? 「物」とは? 分析という「理屈」を武器に、そしてユーモアを隠し味に、哲学的思考へとあなたをいざなう快著! (講談社選書メチエ)


現代哲学への最良の入門書、登場! 欧米では現代哲学の主潮流をなす分析哲学。その考え方の魅力を、専門用語を使わず、あくまでも日常的な話題に題材をとりながら、あますところなく語った快著。

目次

  • 第1章 分析哲学をしよう
  • 第2章 「ある」とはどういうことか
  • 第3章 「知っている」とはどういうことか
  • 第4章 「言っていること」とは何か
  • 第5章 心あるもの
  • 第6章 「かもしれなかった」とはどういうことか
  • 第7章 「同じもの」とはどういうことか
  • 第8章 心ふたたび
  • 第9章 「物」とは何か
  • 第10章 数とは何か

製品情報

製品名 分析哲学入門
著者名 著:八木沢 敬
発売日 2011年11月11日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-258520-0
通巻番号 517
判型 四六
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

関連シリーズ

オンライン書店で見る