「社会」の誕生 トクヴィル、デュルケーム、ベルクソンの社会思想史

講談社選書メチエ
シャカイノタンジョウトクヴィルデュルケームベルクソンノシャカイシソウシ
  • 電子あり
「社会」の誕生 トクヴィル、デュルケーム、ベルクソンの社会思想史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

19世紀フランス、二月革命。そこから人は、超越性に包まれた「世界」から「社会」という概念を生成した。神という超越性に包摂された世界から、社会という観念が切り離されたとき、「社会科学」が生まれた。19世紀フランスに生まれたトクヴィル、デュルケーム、ベルクソンという三者を、ひとつの流れとして読み解く、これまでにない「ユニーク」な思想史! (講談社選書メチエ)


19世紀フランス、二月革命。
そこから人は、超越性に包まれた「世界」から「社会」という概念を生成した

神という超越性に包摂された世界から、社会という観念が切り離されたとき、「社会科学」が生まれた。
19世紀フランスに生まれたトクヴィル、デュルケーム、ベルクソンという三者を、ひとつの流れとして読み解く、これまでにない「ユニーク」な思想史!

目次

  • 序 分解する現代社会──「社会」という表象
  • 第1章 トクヴィル:懐疑
  • 第2章 デュルケーム:格闘
  • 第3章 ベルクソン:開展
  • 終章 誕生した社会:絡繰──相互創造の網と人間的超越性
  • あとがき
  • 参考文献
  • 用語解説
  • 年表

製品情報

製品名 「社会」の誕生 トクヴィル、デュルケーム、ベルクソンの社会思想史
著者名 著:菊谷 和宏
発売日 2011年08月12日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258508-8
通巻番号 506
判型 四六
ページ数 216ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る