ことばと身体 「言語の手前」の人類学

講談社選書メチエ
コトバトシンタイゲンゴノテマエノジンルイガク
  • 電子あり
ことばと身体 「言語の手前」の人類学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

わたしが話す。あなたが自分の体にふれる。このとき、何が交されているのか?

わたしたちが会話をしているとき、そこではことばだけが交わされているのではない。どんなに些細な、他愛のないおしゃべりであっても、自分の体にさわったり、身ぶりをしたり、ごく短い間があったり、ときには何かを演じたり、身体まるごとつかったコミュニケーションが繰りひろげられている。ブッシュマンの家族、日本の大学生、民俗芸能という多様な会話の現場を、徹底的にミクロに観察することで、コミュニケーションとは何か、社会とは何かという大いなる問いに挑む。現象学、社会システム理論、言語行為論などを参照しながら、徹底的に「身体」に根ざして考える“唯身論”人類学の試み。

目次

  • 序章 言語の手前からの出発
  • 第1章 グイの父子像――あたりまえのことを記述する
  • 第2章 自分にさわりながら話す――日常会話における自己接触
  • 第3章 身体による相互行為への投錨――会話テキストはいかにわからないか
  • 第4章 民俗芸能における身体資源の伝承――西浦田楽の練習場面から
  • 第5章 相互行為から社会へ――「会話の人類学」再訪
  • 終章 唯身論の人類学へ向けて

製品情報

製品名 ことばと身体 「言語の手前」の人類学
著者名 著:菅原 和孝
発売日 2010年09月10日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-258481-4
通巻番号 480
判型 四六
ページ数 280ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る