ギリシア文明とはなにか

講談社選書メチエ
ギリシアブンメイトハナニカ
  • 電子あり
ギリシア文明とはなにか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

オリエント・ギリシアを包含する「東地中海文化圏」の視点から独自の史観を展開。地中海世界は「東」と「西」に分かれている。ギリシア文明は、エジプト・ペルシアなどオリエント「先進国」のはざまのローカルな「東地中海文明」だった。その小さなギリシアが歴史の僥倖によりオリエントを征服し、西洋文明の源泉となる。「自由」と「海」の小さな文明が歴史に残した偉大な足跡を辿る。(講談社選書メチエ)


オリエント・ギリシアを包含する「東地中海文化圏」の視点から独自の史観を展開

地中海世界は「東」と「西」に分かれている。ギリシア文明は、エジプト・ペルシアなどオリエント「先進国」のはざまのローカルな「東地中海文明」だった。その小さなギリシアが歴史の僥倖によりオリエントを征服し、西洋文明の源泉となる。「自由」と「海」の小さな文明が歴史に残した偉大な足跡を辿る。

目次

  • 序章 地中海の古代――ペルシア戦争前
  • 第1章 ギリシア対エジプト・ペルシア
  • 第2章 アレクサンドロス
  • 第3章 ギリシア対ローマ
  • 終章 生き残る文化圏――西と東のローマ

製品情報

製品名 ギリシア文明とはなにか
著者名 著:手嶋 兼輔
発売日 2010年08月12日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-258479-1
通巻番号 478
判型 四六
ページ数 260ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る