アテネ民主政 命をかけた八人の政治家

講談社選書メチエ
アテネミンシュセイイノチヲカケタハチニンノセイジカ
  • 電子あり
アテネ民主政 命をかけた八人の政治家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

数多くの市民が直接政治に携わり、特定の個人に権力が長期間集中するのを極力避ける、という徹底した直接民主政を約180年にわたって安定持続させた古代ギリシア屈指のポリス、アテネ。成功すれば最大限の名誉を与えられ、ひとつ間違えば弾劾裁判で死罪になるという「緊張状態」にさらされながら、政治家であろうとした8人の男たち。その生の軌跡を追うことで見えてくる、古代ギリシア精神の真髄と民主政治の原点とは?


人物が語る古代アテネ民主政の実像。最大級の名誉と弾劾裁判による死罪、しかも無給。にもかかわらず彼らはなぜ政治家を目指したのか? 生の軌跡を追うことで見えてくる、古代ギリシャ精神の真髄!

目次

  • 序章 アテネ民主政という世界
  • 名門貴族の時代
  •  第1章 僭主の香りする勇士 ミルティアデス
  •  第2章 一匹狼の策士 テミストクレス
  •  第3章 貴族のなかの貴族 キモン
  • 弁論術の時代
  •  第4章 最後のカリスマ指導者 ペリクレス
  •  第5章 典型的なデマゴーグ クレオン
  • 英雄不在の時代
  •  第6章 民主政復興の英雄 トラシュブロス
  •  第7章 したたかな名将 イフィクラテス
  • マケドニアの時代
  •  第8章 反マケドニアの闘士 デモステネス
  • 終章 アテネ民主政とは何だったのか

製品情報

製品名 アテネ民主政 命をかけた八人の政治家
著者名 著:澤田 典子
発売日 2010年04月10日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-258465-4
通巻番号 465
判型 四六
ページ数 282ページ
シリーズ 講談社選書メチエ
初出 PPS

関連シリーズ

オンライン書店で見る