本居宣長『古事記伝』を読む 1

講談社選書メチエ
モトオリノリナガコジキデンヲヨム
  • 電子あり
本居宣長『古事記伝』を読む 1
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

宣長はどのように『古事記』をつくりあげたか
最初から最後まですべて読む画期的試み!

誰もがその名は知っている本居宣長の大著『古事記伝』。しかし、全巻読み通した人はほとんどいないといっていいだろう。つまみ食い的に読んで彼の思想を語る前に、まず、細部まで精緻に読み抜こうではないか。とはいえ、宣長の注解は多岐・厖大にわたり、簡単に読み切れるものではない。本書は、現代の代表的『古事記』研究者が、その責任において、徹底的に、かつわかりやすく『古事記伝』全44巻を読み解いていく画期的なシリーズである。そこに浮かび上がってくる宣長の無類のおもしろさ、そして思想の核心とは──。

目次

  • 1、『古事記伝』二之巻――序文
  • 2、『古事記伝』三之巻・神代一之巻――伊邪那岐神・伊邪那美神の登場
  • 3、『古事記伝』四之巻・神代二之巻――淤能碁呂島、水蛭子、淡島
  • 4、『古事記伝』五之巻・神代三之巻――国生み・神生み、伊邪那美命の死
  • 5、『古事記伝』六之巻・神代四之巻――禊ぎ
  • 6、『古事記伝』七之巻・神代五之巻――三貴子分治、うけい
  • 7、『古事記伝』八之巻・神代六之巻――天の石屋ごもり
  • 8、『古事記伝』九之巻・神代七之巻――八俣大蛇退治
  • 9、『古事記伝』十之巻・神代八之巻――大国主神の誕生
  • 10、『古事記伝』一之巻――総論

製品情報

製品名 本居宣長『古事記伝』を読む 1
著者名 著:神野志 隆光
発売日 2010年03月11日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258461-6
通巻番号 461
判型 四六
ページ数 226ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る