観光人類学の挑戦 「新しい地球」の生き方

講談社選書メチエ
カンコウジンルイガクノチョウセンアタラシイチキュウノイキカタ
  • 電子あり
観光人類学の挑戦 「新しい地球」の生き方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東京・バリ・カリフォルニア……
観光と移住が織りなす「越境の民族誌」

グローバル化が進行する中で、国境を越えて移動する人びとは世界全体で年間10億人に達しようとしている。東京の下町で、熱帯雨林の島で、中国の世界遺産で、それぞれに繰り広げられる文化景観はすべてリゾーム状につながり、地球はもはや境界のない大きな空間になっているのだ。本書では、ボーダレス時代の観光/移住のありようを描き出し、「一つの世界にともに生きる」とはどういうことか、人類学の新たな試みとして論じていく。

目次

  • 第1章 「新しい地球」の生き方を探る
  • 第2章 越境する日本人女性――女たちのグローバル化
  • 第3章 フィリピーナたちの夢――移民が普通に暮らせる日
  • 第4章 世界遺産という文化資源――バリ・白川郷・麗江

製品情報

製品名 観光人類学の挑戦 「新しい地球」の生き方
著者名 著:山下 晋司
発売日 2009年01月10日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258430-2
通巻番号 430
判型 四六
ページ数 220ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る