パーソナリティ障害

講談社選書メチエ
パーソナリティショウガイ
  • 電子あり
パーソナリティ障害
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

古代ギリシャ時代にはすでに「背徳的人間」として記録が残るパーソナリティ障害をいかに解釈するかについて、多数の学者・医者たちが研鑽を積み重ねてきた。そして、アメリカ精神医学会がついに作り上げた診断基準DSM。その基となった「喜び―苦痛」「能動―受動」「自己―他者」「思考―感情」の極性理論を応用して、境界性、自己愛性、統合失調質など14に分類。日本人の病理の実態を、豊富な実例で解説!


歴史的解釈も視野に入れ、現代の類型を詳説 行動パターンと対人関係を軸にした14類型でパーソナリティ障害の実例と解釈を網羅。DSMによって現代の基準ができるまでの、精神医学の歴史も俯瞰する決定版

目次

  • 第1部 パーソナリティ障害の研究史
  • 第2部 現代における14のカテゴリー

製品情報

製品名 パーソナリティ障害
著者名 著:矢幡 洋
発売日 2008年06月12日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258414-2
通巻番号 414
判型 四六
ページ数 244ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る