アイヌの歴史 海と宝のノマド

講談社選書メチエ
アイヌノレキシウミトタカラノノマド
  • 電子あり
アイヌの歴史 海と宝のノマド
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

宝を求め、サハリン・アムール川流域に進出する戦うアイヌ。激しい格差、サケ漁をめぐる内部対立、「日本」との交渉――社会の矛盾に悩むアイヌ。北の縄文から近世まで、常識を覆すダイナミックな「進化と変容」。(講談社選書メチエ)


常識を覆す、ダイナミックなアイヌ像を提示。宝を求め、サハリンで戦うアイヌ。格差社会に悩むアイヌ。北の縄文から近世まで、異文化との交流・対立と通じダイナミックに展開する北の採集民族のリアルな歴史。

目次

  • 第1章 アイヌ文化のなりたち――北の縄文から近世
  • 第2章 格差社会の誕生――宝と不平等
  • 第3章 「サケの民」の成立――交易品を推理する 1
  • 第4章 ワシ羽をもとめる人びと――交易品を推理する 2
  • 第5章 侵略する北の狩猟採集民――オホーツク文化との関係
  • 第6章 境界をみる――「日本」文化との関係
  • 第7章 アイヌ・エコシステムの世界――交易と世界観の転換

製品情報

製品名 アイヌの歴史 海と宝のノマド
著者名 著:瀬川 拓郎
発売日 2007年11月09日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-258401-2
通巻番号 401
判型 四六
ページ数 284ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る