近代日本の右翼思想

講談社選書メチエ
キンダイニホンノウヨクシソウ
近代日本の右翼思想
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

躓きの石としての天皇 超克されざる「近代」
――近代日本のパラドクス

革命への赤き心は、なにゆえ脱臼され、無限の現状肯定へと転化されなければならないのか。躓きの石としての天皇、超克されざる「近代」――北一輝から蓑田胸喜まで、西田幾多郎から長谷川如是閑まで、大正・昭和前期の思想家たちを巻き込み、総無責任化、無思想化へと雪崩を打って向かってゆく、近代日本思想極北への歩みを描く。

[本書の内容]
●「超―国家主義」と「超国家―主義」
●万世一系と「永遠の今」
●動と静の逆ユートピア
●「口舌の徒」安岡正篤
●西田幾多郎の「慰安の途」
●アンポンタン・ポカン君の思想
●現人神

目次

  • 第1章 右翼と革命
  •     ――世の中を変えようとする、だがうまくゆかない
  • 第2章 右翼と教養主義
  •     ――どうせうまく変えられないならば、自分で変えようとは
  •        思わないようにする
  • 第3章 右翼と時間
  •     ――変えることを諦めれば、現在のあるがままを受け入れたくなってくる
  • 第4章 右翼と身体
  •     ――すべてを受け入れて頭で考えることがなくなれば、からだだけが残る

製品情報

製品名 近代日本の右翼思想
著者名 著:片山 杜秀
発売日 2007年09月11日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258396-1
通巻番号 396
判型 四六
ページ数 252ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス