日中戦争下の日本

講談社選書メチエ
ニッチュウセンソウカノニホン
  • 電子あり
日中戦争下の日本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

自由主義から全体主義へ。国際協調から地域主義へ。1930年代、社会システムの不調から生じた日中戦争。なぜ政党への期待が大政翼賛会を生んだのか? 労働者や農民たちは戦争に何を託したのか? 戦時下日本の知られざる「自画像」を明かす。(講談社選書メチエ)


デモクラシーとしての大政翼賛会誕生の真実。日中戦争とは何だったのか。戦争景気で潤う銃後経済。社会平準化を志向する兵士たち。当時の社会システム不調の原因を探りつつ、戦前日本の自画像を捉え直す一冊。

目次

  • 1章 兵士たちの見た銃後
  • 2章 戦場のデモクラシー
  • 3章 戦場から国家を改造する
  • 4章 失われた可能性
  • 5章 「神の国」の滅亡

製品情報

製品名 日中戦争下の日本
著者名 著:井上 寿一
発売日 2007年07月12日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258392-3
通巻番号 392
判型 四六
ページ数 228ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る