戦場に舞ったビラ 伝単で読み直す太平洋戦争

講談社選書メチエ
センジョウニマッタビラデンタンデヨミナオスタイヘイヨウセンソウ
  • 電子あり
戦場に舞ったビラ 伝単で読み直す太平洋戦争
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「君達の指導者は嘘つきだ!」「馬鹿共眼ヲ醒マセ」。兵たちの太平洋戦争。「死戦を越えて誤戦となり」、「日海空軍は何処へ行つたのだらうか」、「日本降伏せり」――。太平洋戦争で撒かれた無数の伝単=宣伝ビラ。ビルマで、フィリピンで、沖縄で兵士は伝単に何を思ったか? 日米「情報戦」の実態を分析しつつ、兵それぞれにとっての「戦争」を明らかにする。(講談社選書メチエ)


「君達の指導者は嘘つきだ!」
「馬鹿共眼ヲ醒マセ」
兵たちの太平洋戦争

「死戦を越えて誤戦となり」、「日海空軍は何処へ行つたのだらうか」、「日本降伏せり」――。太平洋戦争で撒かれた無数の伝単=宣伝ビラ。ビルマで、フィリピンで、沖縄で兵士は伝単に何を思ったか?日米「情報戦」の実態を分析しつつ、兵それぞれにとっての「戦争」を明らかにする。

目次

  • 第1章 「蔣介石最後的運命到了」――日中戦争
  • 第2章 「馬鹿共眼ヲ醒マセ」――日本の進撃と米軍の反攻
  • 第3章 “ISLAND OF DECEIT(偽りの島)”――ニューギニアの戦い
  • 第4章 「身ヲモッテ太平洋ノ防波堤タラン」――マリアナ諸島の失陥
  • 第5章 「死戦を越えて誤戦となる」――ビルマ
  • 第6章 「来る日の悶へ」――フィリピン戦1
  • 第7章 「砲弾悪魔の如く将君達を見出して殺す」――フィリピン戦2
  • 第8章 「日本が老人と女子供ばかりの国となってもよいか」――本土空襲・沖縄
  • 第9章 「大東亜戦争は遂に終了致しました」――敗戦の諸相

製品情報

製品名 戦場に舞ったビラ 伝単で読み直す太平洋戦争
著者名 著:一ノ瀬 俊也
発売日 2007年03月10日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-258384-8
通巻番号 384
判型 四六
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る