満鉄全史 「国策会社」の全貌

講談社選書メチエ
マンテツゼンシコクサクガイシャノゼンボウ
  • 電子あり
満鉄全史 「国策会社」の全貌
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

国策という名の無策に翻弄され続けた40年

「陽に鉄道経営を装い、陰に百般の施設を実行する」満洲支配の尖兵。だが政・官・軍の対立と場当たり的政策に翻弄された「国策会社」は、必然的に破綻する運命にあった。創立100周年を機に、近代日本を体現する矛盾と迷走の全歴史をたどりなおす。

<本書の内容>
●満鉄とは何だったのか
●松岡洋右と国家改造
●日本の「満洲」・中国の「東北」
●満洲事変と満鉄の転換
●蜜月の終わり
●国策会社の凋落
●現代日本にとっての満鉄

目次

  • 第1章 国策会社満鉄の誕生
  • 第2章 「国策」をめぐる相克
  • 第3章 使命の終わりと新たな「国策」
  • 終章 国策会社満鉄と戦後日本

製品情報

製品名 満鉄全史 「国策会社」の全貌
著者名 著:加藤 聖文
発売日 2006年11月10日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-258374-9
通巻番号 374
判型 四六
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る