南の思想

講談社選書メチエ
ミナミノシソウチチュウカイテキシコウヘノイザナイ
南の思想
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世界の行きづまりを解きほぐす柔らかな思想
南イタリアから贈る哲学的エセー

遅さ、矛盾、自由。「南」には近代が忘れた富がある。力ではなく弱さを。所有の自閉のかわりにフロンティアの開放を。ブレーキの壊れた資本主義のかわりにゆったりとした「適度」を。「南=貧困」のステレオタイプを打ち破る、近代合理主義への「南」=地中海からの回答。

目次

  •  序章 「南」の思想のために
  • 第1部 地中海
  •  第1章 ゆっくり歩む
  •  第2章 陸と海
  • 第2部 ホモ・クーレンス(走り続ける人間)
  •  第3章 フロンティアを考える
  •  第4章 走行の原理主義
  • 第3部 思想の軋轢
  •  第5章 アルベール・カミュ、あるいは南の思想の必要性
  •  第6章 ピエルパオロ・パゾリーニ、あるいは人生の自己撞着

製品情報

製品名 南の思想
著者名 著:フランコ・カッサ-ノ 訳:ファビオ・ランベッリ
発売日 2006年07月12日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-258365-7
通巻番号 365
判型 四六
ページ数 300ページ
シリーズ 講談社選書メチエ