聖なるもの 俗なるもの ブッディスト・セオロジー(1)

講談社選書メチエ
セイナルモノゾクナルモノブッディストセオロジー1
  • 電子あり
聖なるもの 俗なるもの ブッディスト・セオロジー(1)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

諸宗教の多元的共存は可能か? 「仏教の神学」に挑む連続講義、開幕! 宗教という営みは何を目標としているのか? キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、そして仏教。異なる世界を出発点としながらも、その上に伝達可能で整合的な知の体系を構築することは、神学的方法論によって可能になる。「聖なるもの」を問う、仏教学第一人者の野心的な講義がはじまる! (講談社選書メチエ)


諸宗教の多元的共存は可能か?
「仏教の神学」に挑む連続講義、開幕!

宗教という営みは何を目標としているのか?キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、そして仏教。異なる世界を出発点としながらも、その上に伝達可能で整合的な知の体系を構築することは、神学的方法論によって可能になる。「聖なるもの」を問う、仏教学第一人者の野心的な講義がはじまる!

目次

  • 第1章 ブッディスト・セオロジー(仏教の神学)
  • 第2章 宗教行為と時間
  • 第3章 「聖なる」空間と時間
  • 第4章 「聖なるもの」と「俗なるもの」
  • 第5章 宗教における現状認識
  • 第6章 宗教と社会
  • 第7章 葬送儀礼における時間
  • 第8章 死者の文化的意味
  • 第9章 龍樹の救済論
  • 第10章 タントリズムの構造

製品情報

製品名 聖なるもの 俗なるもの ブッディスト・セオロジー(1)
著者名 著:立川 武蔵
発売日 2006年03月12日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258357-2
通巻番号 357
判型 四六
ページ数 212ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る