稲作の起源

講談社選書メチエ
イナサクノキゲン
  • 電子あり
稲作の起源
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

縄文稲作はなかった。稲作のルーツは焼き畑農業ではない。サトイモなど水辺の根菜栽培に起源を持つ、「株分け」栽培から生まれた。イネ学最先端の知見から水田稲作という世界の農業上、最もユニークな農耕発生のメカニズムを解明し、照葉樹林農耕論をはじめとする定説の書き直しを迫る。(講談社選書メチエ)


縄文稲作はなかった

稲作のルーツは焼き畑農業ではない。サトイモなど水辺の根菜栽培に起源を持つ、「株分け」栽培から生まれた。イネ学最先端の知見から水田稲作という世界の農業上、最もユニークな農耕発生のメカニズムを解明し、照葉樹林農耕論をはじめとする定説の書き直しを迫る。

目次

  • 序章 イネに秘められた私たちの歴史
  • 第1章 栽培イネの起源――通説への疑問
  • 第2章 それは根栽から始まった――イネ栽培のルーツを探る
  • 第3章 根栽農耕への旅――雲南から東南アジアに痕跡をたどる
  • 第4章 どのようにしてイネは栽培化されたか
  • 第5章 水田稲作と「越」人――タイ語系人のアジア展開
  • 第6章 人間の歴史が刻まれたイネの多様性
  • 第7章 だれがどのように稲作を日本に
  • 終章 水田稲作社会とは何か

製品情報

製品名 稲作の起源
著者名 著:池橋 宏
発売日 2005年12月11日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-258350-3
通巻番号 350
判型 四六
ページ数 284ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る