日本を意識する

講談社選書メチエ
ニホンヲイシキスルトウダイコマバレンゾクコウギ
編・その他:齋藤 希史
日本を意識する
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

新視点
外から、内から――――ジャパン・コンシャスとは

東京大学比較日本文化論テーマ講義
●異文化体験で私は何を発見したか――日本研究の視点から 義江彰夫
●立ち現れた「日本語」のすがた 鈴木広光
●日本女性の不可解性と理想化――『お菊さん』と『蝶々夫人』 大澤吉博
●脱和入欧の心理――ロチと日本の作家たち 菅原克也
●周作人の日本――「生活の芸術」と倫理的主体 伊藤徳也
●どのようにしてこの国の名が「日本」となったか 神野志隆光
●唐土にたたずむ貴公子たち 三角洋一 
●「物のあはれ」の日本 杉田昌彦
●時代観察の方法――杉田玄白と海保青陵 徳盛 誠
●明治零年代の「繁昌」 ロバート キャンベル
●旅人の自画像 齋藤希史

目次

  • 第1部 日本のすがた
  • 第2部 外からの日本
  • 第3部 日本の自意識
  • 第4部 開かれる日本

製品情報

製品名 日本を意識する
著者名 編・その他:齋藤 希史
発売日 2005年04月10日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-258327-5
通巻番号 327
判型 四六
ページ数 284ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

おすすめの本