よみがえるロマノフ家

講談社選書メチエ
ヨミガエルロマノフケ
  • 電子あり
よみがえるロマノフ家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ピョートル大帝、アレクサンドル1世、エカテリーナ2世、ニコライ2世etc. 1613年ミハイル選出から1917年ニコライ退位に到るまで19人を数える君主の家系はいかに継がれていったのか。西欧派・ピョートル大帝やパリに入城したアレクサンドル、女帝の世紀の啓蒙君主・エカテリーナなどの事績を追い、強い君主を希求するロシアの民衆とツァーリ一族の300年を描く。(講談社選書メチエ)


強いツァーリ悲劇のツァーリとロシアの300年
ピョートル大帝、アレクサンドル1世、エカテリーナ2世、ニコライ2世etc.

1613年ミハイル選出から1917年ニコライ退位に到るまで19人を数える君主の家系はいかに継がれていったのか。西欧派・ピョートル大帝やパリに入城したアレクサンドル、女帝の世紀の啓蒙君主・エカテリーナなどの事績を追い、強い君主を希求するロシアの民衆とツァーリ一族の300年を描く。

目次

  • はじめに――今なぜ、ロマノフ家なのか
  • 第1章 ロマノフ王朝の誕生――1613―1689年
  • 第2章 ピョートル大帝のロシア――1689―1725年
  • 第3章 宮廷革命と「女帝の世紀」――1725―1801年
  • 第4章 専制の危機と対応――1801―1856年
  • 第5章 解放皇帝とその挫折――1856―1894年
  • 第6章 最後の皇帝ニコライ2世の時代――1894―1917年

製品情報

製品名 よみがえるロマノフ家
著者名 著:土肥 恒之
発売日 2005年03月12日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-258326-8
通巻番号 326
判型 四六
ページ数 252ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る