馬賊で見る「満洲」

講談社選書メチエ
バゾクデミルマンシュウ
  • 電子あり
馬賊で見る「満洲」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

浅田次郎氏推薦! 覇権を夢見た男の波瀾の生涯とその実像に迫る。馬賊が誕生した清末期。あるものは官憲の銃弾に倒れ、あるものは混乱を潜りぬけ略奪者から脱却し、軍閥の長として中原の覇権をうかがう。覇権に最も近づいた男=「東北王」張作霖とその舞台の激動の歴史をたどり、併せて日本にとって「満洲」とは何だったのかを考える。(講談社選書メチエ)


浅田次郎氏推薦!
覇権を夢見た男の波瀾の生涯とその実像に迫る

馬賊が誕生した清末期。あるものは官憲の銃弾に倒れ、あるものは混乱を潜りぬけ略奪者から脱却し、軍閥の長として中原の覇権をうかがう。覇権に最も近づいた男=「東北王」張作霖とその舞台の激動の歴史をたどり、併せて日本にとって「満洲」とは何だったのかを考える。

目次

  • 第1章 「馬賊」はなぜ現れたのか?
  • 第2章 張作霖登場――「馬賊」から「軍閥」へ
  • 第3章 王永江と内政改革――軍閥期の「満洲」
  • 第4章 日本人と「馬賊」
  • 終 章 現代日本にとっての「満洲」・「馬賊」

製品情報

製品名 馬賊で見る「満洲」
著者名 著:澁谷 由里
発売日 2004年12月12日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-258317-6
通巻番号 317
判型 四六
ページ数 250ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る