熊から王へ カイエ・ソバージュ(2)

講談社選書メチエ
クマカラオウヘカイエ・ソバージュ
熊から王へ カイエ・ソバージュ(2)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

カイエ・ソバージュ第2巻刊行!
「国家=野蛮なるもの」はいかに誕生したか?

熊をカミとする狩猟民たちの「対称性の思考」とは?
「哲学」と「権力」が共存する冬の祭りの秘密とは?
王を戴く国家が「無法の野蛮」と結びつく根源へと遡行する。

目次

  • はじめに カイエ・ソバージュ(Cabier Sauvage)について
  • 序章 ニューヨークからベーリング海峡へ
  • 第1章 失われた対称性を求めて
  • 第2章 原初、神は熊であった
  • 第3章 「対称性の人類学」入門
  • 第4章 海岸の決闘
  • 第5章 王にならなかった首長
  • 第6章 環太平洋の神話学へ1
  • 第7章 環太平洋の神話学へ2
  • 第8章 「人食い」としての王
  • 終章 「野性の思考」としての仏教
  • 補論 熊の主題をめぐる変奏曲

製品情報

製品名 熊から王へ カイエ・ソバージュ(2)
著者名 著:中沢 新一
発売日 2002年06月10日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-258239-1
通巻番号 239
判型 四六
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス