エディプス・コンプレックス論争

講談社選書メチエ
エディプス・コンプレックスロンソウセイヲメグルセイシンブンセキシ
エディプス・コンプレックス論争
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

男とは?女とは?
自分の出自という物語へ

性が生物学から心理学へ移行したとき、エディプス・コンプレックスは生まれた――。「父を殺し、母と交わりたい」という内的幻想は人類普遍なのか?「厳父」フロイトとその「子ども」たちの性をめぐる精神分析の大論争を追う。

目次

  • プロローグ 性とは何だろうか
  • 第1章 身体の穴――性生物学から性心理学へ
  • 1 エディプス・コンプレックスを発見したとき
  • 2 少年ハンスの不安
  • 3 性の心理学へ
  • 第2章 最初の離反者――アドラーの心理学
  • 1 オイディプスの神話を読む
  • 2 「次男」アドラーの勢力関係モデル
  • 第3章 ユングの「父殺し」
  • 1 「息子」ユングが見た世界
  • 2 エディプス批判をするエディプス
  • 第4章 息子たちの苦悩――母への思い
  • 1 出生外傷理論の波紋
  • 2 フェレンチィ、優れた癒し手
  • 3 「阿闍世コンプレックス」
  • 第5章 オイディプスの娘
  • 1 子どもの性的好奇心
  • 2 衝動論か自我心理学か――人間の動機は性的か
  • 第6章 女性の性愛をめぐって
  • 1 フロイトと女性たち
  • 2 母と娘の物語――カレン・ホルナイとフェミニズム
  • 第7章 アンナとクラインの大論争
  • 1 ウィーン学派とイギリス学派
  • 2 早期のエディプス・コンプレックス
  • 第8章 辺境にて――文化人類学と構造主義の挑戦
  • 1 エディプス・コンプレックスは人類普遍か
  • 2 ラカンの精神分析運動
  • エピローグ オイディプス神話が語ること

製品情報

製品名 エディプス・コンプレックス論争
著者名 著:妙木 浩之
発売日 2002年03月08日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258236-0
通巻番号 236
判型 四六
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社選書メチエ