関東軍

講談社選書メチエ
カントウグン
関東軍
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦前の日本にとって「満州」とはいったい何だったのか。
戦後55年、あらためて学ぶ歴史の教訓

大陸政策の尖兵、関東軍。彼らの「独走」の意味とは?満州事変、張鼓峰事件、ノモンハン事件、そしてソ連の進攻。40年にわたって満州の野に繰り広げられた大日本帝国の思想と行動をたどり、「精強無比」「無敵七十万」を謳われた組織の興亡を、戦史に基づき克明に追う。

目次

  • ●満州と日本
  • ●関東軍の誕生と日中関係
  • ●一九三一年九月十八日──ドキュメント満州事変1
  • ●満州国の建国──ドキュメント満州事変2
  • ●日ソ衝突
  • ●第二次世界大戦と関東軍

製品情報

製品名 関東軍
著者名 著:中山 隆志
発売日 2000年03月10日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-258180-6
通巻番号 180
判型 四六
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社選書メチエ