経済数学の直観的方法 確率・統計編

ブルーバックス
ケイザイスウガクノチョッカンテキホウホウカクリツトウケイヘン
  • 電子あり
経済数学の直観的方法 確率・統計編
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

現代社会を浮き彫りにする経済学。この経済学を表す経済数学は高度に発展してきました。なかでも、マクロ経済学の「動的マクロ均衡理論」と、金融工学の「ブラック・ショールズ理論」は「二大難解理論」として、その頂上をなしています。

この『経済数学の直観的方法』の2冊では、目標をこの「二大難解理論」にしぼっています。これらを直観的に理解してしまえば、そのツートップの頂上から経済数学全体を見渡す格好になり、今までのミクロ経済学などのたくさんの数学的メソッドを、余裕をもって見ることができるという狙いです。

本書では、「確率・統計編」として、現代の金融工学の礎となる「ブラック・ショールズ理論」を身につけます。70点に及ぶ図・グラフを中心に、「正規分布曲線が生まれるメカニズム」「標準偏差、分散の意味」「最小2乗法の基本思想」「中心極限理論の不思議」「確率過程とランダム・ウォーク」「ブラウン運動とブラック・ショールズ理論」「伊藤のレンマと確率微分方程式」「測度とルベーグ積分」など、重要テーマの本質的理解を試み、教養としてのブラック・ショールズ理論を身につけていきます。

目次

  • 第1章 初級編
  • 1.確率統計を理解するための根本思想
  • 2.われわれの世界の確率統計はどう成立したか
  • 3.補足的な基礎知識
  • 第2章 中級編
  • 1.最小2乗法の本質
  • 2.中心極限定理の不思議
  • 3.ブラウン運動とブラック・ショールズ理論
  • 4.教養としてのブラック・ショールズ理論
  • 第3章 上級編
  • 1.伊藤のレンマと確率微分方程式
  • 2.実際のブラック・ショールズ理論
  • 第4章 測度とルベーグ積分

製品情報

製品名 経済数学の直観的方法 確率・統計編
著者名 著:長沼 伸一郎
発売日 2016年11月16日
価格 定価 : 本体1,160円(税別)
ISBN 978-4-06-257985-8
通巻番号 1985
判型 新書
ページ数 296ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る