経済数学の直観的方法 マクロ経済学編

ブルーバックス
ケイザイスウガクノチョッカンテキホウホウマクロケイザイガクヘン
  • 電子あり
経済数学の直観的方法 マクロ経済学編
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

理系学生伝説の参考書『物理数学の直観的方法』の著者による、画期的な経済数学の入門書。

現代の経済学は、物理学に基づく高度な数学を取り入れているため、難解なイメージがあります。本書では、理系と文系の中央位置から、双方を視野に入れる独自のアプローチを取っているため、直観的な理解の道を拓くことができます。

経済数学の二大難解理論である「動学的マクロ均衡理論」「ブラック・ショールズ理論」。この2つの理論の頂上部分を直観的に理解することで、今まで難物だった他のこまごまとした数学技法を、ちょうど一番高い2つの山からそれより低い山を見下ろす要領で、精神的に呑んでかかって楽に理解できるようにします。

本書「マクロ経済学編」では、二大難解理論の一方で、経済学の最重要理論である「動学的マクロ均衡理論」を一気に理解することを可能にします。

本書では、専門課程の学生のための本格的な数学的部分を後半部分に集中させることで、前半部分は一般読者でも読めるように工夫されています。そのため経済学部の学生が本書を数学の難所突破の特効薬として使うのはもちろん、一般読者の方々も、本書を数少ないこれらの一般向けの解説書として使うこともできます。

目次

  • 第1章 初級編
  • 1.経済学は物理の思想からどう影響を受けて発達したか
  • 2.「二大難解理論」以前のケインズ経済学
  • 3.米国の経済思想と動的マクロ理論の登場
  • 第2章 中級編
  • 1.フェルマーの原理に隠された動的理論の本質
  • 2.「最速降下線」によるさらに高度な部分の理解
  • 第3章 上級編
  • 1.動的マクロ理論の各モデル
  • 2.各モデルの具体的内容
  • 3.ラグランジュ乗数とハミルトニアンの関連性
  • 第4章 経済学部で知っておくべき微分方程式の基本思想
  • 第5章 固有値の意味
  • 第6章 位相・関数解析

製品情報

製品名 経済数学の直観的方法 マクロ経済学編
著者名 著:長沼 伸一郎
発売日 2016年09月15日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-257984-1
通巻番号 1984
判型 新書
ページ数 320ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る