超対称性理論とは何か 宇宙をつかさどる究極の対称性

ブルーバックス
チョウタイショウセイリロントハナニカウチュウヲツカサドルキュウキョクノタイショウセイ
  • 電子あり
超対称性理論とは何か 宇宙をつかさどる究極の対称性
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜこの宇宙は存在するのか?
ヒッグス粒子発見は始まりにすぎない。現代物理学最大のテーマに迫る!

超対称性とは何か? なぜ必要なのか?
私たちはまだ、宇宙の成り立ちのほんの一部分しか分かっていません。
ヒッグス粒子発見で完成した現代物理学の基本となる「標準理論」にも、まだ未解決な謎は多いのです。その残された大きな謎のひとつ「階層性問題」を解決し、宇宙に偏在する「暗黒物質」の正体をつきとめ、さらに「力の大統一」が達成される──。それが超対称性理論です。
ヒッグス粒子発見により、「なぜ宇宙に物質が存在するのか」という謎を解くカギが得られました。超対称性は素粒子と時空を結びつけ、「なぜこの宇宙が存在するのか」というもっとも根源的な問いに答える究極の理論です。その本質に迫ります。

ヒッグス粒子を発見したCERN・LHCで日本チームを率いた著者だからこそ語れる、臨場感あふれる素粒子物理学の最前線。

「この世で最も理解しがたいことは、宇宙が理解できるということだ」──アインシュタイン
”この宇宙にはまだ多くの謎が残されています。自然界に存在する4つの力のうち、3つまでは標準理論で説明できますが、4つ目の重力を素粒子物理的に理解することには成功していません。それになによりも、標準理論自体に不満足な点が多々あるのです。これらの問題の多くを解決し、重力まで含めたすべての力を統一的に理解する可能性を秘めているのが、「超対称性」とよばれるまったく新しい対称性です。”(「はじめに」より)

目次

  • はじめに
  • 第1章 素粒子の世界の対称性
  • 第2章 スピンの正体
  • 第3章 ゲージ対称性と標準理論
  • 第4章 超対称性とは何か
  • 第5章 超対称性粒子を探せ
  • おわりに
  • 参考図書
  • 解説付録

製品情報

製品名 超対称性理論とは何か 宇宙をつかさどる究極の対称性
著者名 著:小林 富雄
発売日 2016年03月18日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-257960-5
判型 新書
ページ数 232ページ
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:小林 富雄(コバヤシ トミオ)

1950年千葉県生まれ。東京工業大学卒業、東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。理学博士。1993年より東京大学素粒子物理国際研究センター教授。2015年、東京大学を定年退職、同年より高エネルギー加速器研究機構国際連携推進室主任URA。一貫して世界最高のエネルギー加速器を用いた国際共同実験に参加し、グルーオンの発見やヒッグス粒子発見、素粒子の世代数の決定、超対称性粒子探索などに貢献している。1994年から2015年までCERN・LHCにおけるATLAS実験の日本共同代表者を務めた。

おすすめの本

オンライン書店で見る