神経とシナプスの科学 現代脳研究の源流

ブルーバックス
シンケイトシナプスノカガクゲンダイノウケンキュウノゲンリュウ
  • 電子あり
神経とシナプスの科学 現代脳研究の源流
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

画像診断ではとらえられない微小な電流こそ、私たちの心と体の謎を解き明かす鍵となる!


生体のニューロン回路の謎解明に挑む

18世紀末、イタリアの物理学者ガルバニによって世界で初めて生体を流れる電気信号の存在が明らかになった。
電気信号が、脳や体をどうやって動かすのか、その謎を解明するのに150年以上を要した。
日本人を含む偉大な研究者たちがそのメカニズムを解き明かすことで、神経とシナプスで起こる複雑な生体電気信号の実体がわかってきた。
記憶や意識は脳の中でどのように生まれるのか。ニューロン同士はどのように連係し合っているのか。
21世紀の脳科学は生体電気信号をより深く知ることで意識の謎を解き明かす道を切り拓くかもしれない。

目次

  • 改訂版の序文
  • はじめに(旧版)
  • 第1章 電磁気現象と生体電気現象の同時発見
  • 第2章 生体電気信号研究の黎明期
  • 第3章 陰極線オシロスコープによる研究の進展──日本人研究者の偉大な貢献
  • 第4章 細胞膜を「流れないのに流れる」容量性電流の不思議
  • 第5章 活動電位の謎に迫る細胞内微小電極法
  • 第6章 マクスウェルの悪魔としてのイオンチャンネル──活動電位のイオン機構の解明
  • 第7章 活動電位の交通整理を行う「シナプス」
  • 第8章 シナプスにおける電気現象の解明
  • 第9章 シナプス研究の進展
  • 第10章 現在までの脳機能研究の成果とその限界
  • おわりに

製品情報

製品名 神経とシナプスの科学 現代脳研究の源流
著者名 著:杉 晴夫
発売日 2015年11月20日
価格 定価 : 本体1,080円(税別)
ISBN 978-4-06-257943-8
通巻番号 1943
判型 新書
ページ数 320ページ
シリーズ ブルーバックス

オンライン書店で見る